大雅 -Taiga-

第3代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者

PROFILE

第3代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者。“魔裟斗二世”として注目を浴びた兄・HIROYAの影響と魔裟斗に憧れ、幼少期からキックボクサーになることを決意する。
12年11月に16歳でプロデビュー。13年にKrush YOUTH GP2013 55kgトーナメントを制し、16年にはK-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメントで優勝を飾る。
17年にK-1WORLD GPスーパー・フェザー級、第3代王者に輝いた。
18年9月のRIZINに初参戦を果たし、19年のRIZIN.17で初勝利を飾った。

MESSAGE

「今回5 STAR SPORTS CBDの公式ブランドアンバサダーに就任させて頂きとても嬉しく思います。
自分の場合は試合前の準備がとても大切で、トレーニングや作戦はもちろん当たり前なんですが、睡眠やマッサージなどリカバリーにも気を遣うようになってからCBDを取り入れるようになりました。毎日トレーニングしていると、どうしても疲労は蓄積されてしまうので、5SSCBDは筋肉疲労や睡眠、腸活にも効くので、トレーニング後と寝る前に飲むようにしています。それまではただがむしゃらにきつい練習を続けていて、それで大丈夫って思っていたんですが、今は試合に向けて不安要素を1つ1つ消して準備ができるようになりました。 でもこの症状って自分みたいな格闘家だけじゃなくて、一般の人、社会人や主婦の人たちも同じだと思うんですよね。なんか疲れが取れないとか、寝付けないとか、、そういう人たちにぜひ5SSCBDを試してみてもらいたいですよね。カプセルだから味もしないし、飲みやすいですし。 今回自分がアンバサダーをやらせてもらうことによって、CBDがもっと、身近な存在になってもらえたらいいなって思っています。」

PAGE TOP